読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshidate15のブログ

人生は有限。断捨離して本質な事柄に心を配ることができますように。

ココナッツオイルとMCTオイル

ケトジェニック・ダイエットを始めて、

ココナッツオイルとMCTオイルのメリット・デメリットを調べてみた。

1.ココナッツオイル

 ①メリット

  ・C12のラウリン酸が50%含まれており、抗炎症作用があること。

 ②デメリット

  ・長鎖脂肪酸が30%含まれており、摂りすぎると、肥満になる可能性がある。

 

2.MCTオイル

 ①メリット

  ・100%中鎖脂肪酸となっており、長鎖脂肪酸が除去されている。

 ②デメリット

  ・ラウリン酸がすべて除去されており、カプリン酸とカプリル酸のみで構成。

 

考察

1.脳への栄養と腸への栄養の関係性

  ケトジェニック・ダイエットでは、中鎖脂肪酸にフォーカスされているので、MCTオイルが進められがちではあるが、腸への影響という意味では、抗炎症作用があるラウリン酸についても考慮したほうがよい。

 

2.今後の対応

  ココナッツオイルとMCTオイルの折衷案として、

  カプリル酸・カプリン酸・ラウリン酸で構成されたオイルを作ることはできないだろうか。成分分離をすることは可能なので、現実的に組成することはできそうだ。

 

もし、ラウリン酸+MCTオイルを販売している、作れる人がいれば、コメントくれるとうれしいです。